全国TOP >> 愛知/観光 >> 名古屋駅辺 >> 文化のみち二葉館

文化のみち二葉館

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

文化のみち二葉館とは

文化のみち二葉館 日本の女優第一号、川上貞奴と「電力王」福沢桃介が暮らした邸宅を移築、復元したもの。貞奴が使っていた調度品や名古屋ゆかりの文学者の資料などを展示している
今週のランキング:158位 エリア:名古屋駅辺
ジャンル:建物 / オブジェ /

概要

名称文化のみち二葉館
(ぶんかのみちふたばかん)
営業時間10:00〜17:00
休業日月曜(祝日の場合は翌日休)、12月29日〜1月3日
料金200円、名古屋市敬老手帳100円、中学生以下無料
住所愛知県名古屋市東区撞木町3-23
電話番号052-936-3836

アクセス

地下鉄高岳駅から徒歩10分

名古屋駅辺で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

関連サイト

文化のみち二葉館 http://www.futabakan.jp/

文化のみち二葉館のサイトを確認する

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。